「フジロックの森プロジェクト」とは

湯沢町は、温泉とスキーの日本屈指のリゾート地であり、町の面積に占める森林の割合が9割を超える森林の町であります。

また近年は、毎年12万人以上が訪れる世界的な音楽イベントであり、世界一クリーンなフェスとして有名な「フジロックフェスティバル」の開催地として知られています。

 

このたび、自然と音楽の共生をかかげるフジロックフェスティバルと、森林資源の循環利用を通じた地域活性化を推進する新潟県と協働して「フジロック」の名を冠した森づくりによる環境保全プロジェクトを立ち上げることとなりました。

 

森林は、二酸化炭素吸収による地球温暖化防止へ貢献するとともに、保健休養や環境教育、癒しの場の提供など幅広い機能をもっています。また今年は国連が定める「国際森林年」でもあり、世界的に森林の役割が注目されているところです。

 

このプロジェクトでは、森づくりによる環境保全を図るため、フジロック会場周辺において植樹等により、森づくり活動をするとともに、森と親しむエリアを整備し、一年を通じて人が集まる新たな交流観光の拠点としていきます。

 

また、森林資源の循環利用を推進するため、地元の間伐材を活用した紙製品「フジロックペーパー」等を製造し、売り上げの一部等を間伐材の搬出経費に還元することにより、地域の森林整備に貢献していきます。

 

こうした取り組みを進めていくため、森づくり活動の推進組織として「フジロックの森」プロジェクト推進協議会を設立し、湯沢町、新潟県とフジロックフェスティバル主催者株式会社スマッシュが三位一体となりプロジェクトを実施していきます。また趣旨に賛同した企業、サポーターを広く募り、多くの参加により活動の意義を広めていきます。

 

音楽フェスと行政が一体となって森づくりによる環境保全プロジェクトを推進することは、今までになかった画期的なことであり、世界に発信できる取り組みとしていきたいと考え、ここにフジロックの森プロジェクト推進協議会を設立します。

取り組み内容