フジロック・ペーパー

「 フジロックの森から生まれた紙 」フジロック・ペーパー

新潟・湯沢周辺の森林の整備により、山に切り捨てられる「もったいない木(間伐材)」から生まれたのが「フジロック・ペーパー」です。この取り組みにより、森林の循環を促し、ひいては新潟・湯沢の森の活性化を促します。

フジロック・ペーパーは、フリーペーパー「フェス・エコ」やフジロックのフライヤー、オフィシャルパンフレット等に広く活用されます。

<オフィシャルパンフレット>

<フェス・エコ>

<フライヤー>